大牟田市にある拓建ホームにお客様から寄せられた質問です

お電話でのお問い合わせ0120-441-094(ヨリヨイジュウキョ)
拓建ホームLINE@友達登録

よくある質問

TOP > よくある質問

よくある質問

マイホームを建築するにあたって

着工から完成まで、期間は大体どのくらいかかりますか?
建物の大きさにもよりますが、整地された状態からお引渡しまで、平均5カ月ほどいただいております。
※解体や地盤改良の日数は除きます。
拓建ホームの家を見ることはできますか?
拓建ホームはモデルハウスを持ちません。
しかし、どのような家を施工するのか、実物を見ていただきたいので、お客様のご了承をいただけた際には、完成住宅見学会を定期的に開催しております。

また、施工中の現場もお時間が合えば、見学いただく事も可能ですのでお気軽にご相談ください。
マイホームの検討は、早い方が良いのでしょうか?
消費税の増税や材料の原価の高騰など、今後の経済状況への不安もありますが、増税の際には給付金の措置なども国が用意してくれますので、「お子様の成長」や「家を建てたい」と思った気持ちとタイミングを大切にしていただきたいと考えております。

また、最長35年のローンを組まれる方も少なくありません。
返済を何歳までに終わらせたいか、人生設計の大きな軸となるのではないでしょうか。

土地について

家を建てる土地がないのですが、探してもらえますか?
はい。地場工務店の拓建ホームにぜひお任せください。
すぐにご案内できるおすすめの土地もありますし、ご要望のエリアでお探しすることもできます。

物件情報を見る →

宅地ではない土地を所有しています。地目変更の手続きはしてもらえますか?
はい。ぜひお任せください。
農地から宅地への転用手続きなど、代行いたします。
その他にも、売りたい土地などございましたら、ぜひご相談ください。
建ぺい率とはなんですか?
敷地面積に対する建築面積(土地を真上から見たときに建物が占める面積。「建坪」とも言われます)の割合です。

例:敷地面積100㎡の土地で、建ぺい率50%の場合、建築面積50㎡の建物が建築可能。

建ぺい率の限度は、用途地域ごとに30%から80%の範囲で定められていますが、いくつかの緩和規定・強化規定が設けられ、立地条件などによって変わってきます。
セットバックとはなんですか?
都市計画法の地域地区の一つで、様々な用途の建築物が無秩序に混在することを防ぎ、地域ごとに合理的な立地規制、用途規制をしようとするためのものです。

第一種低層住宅専用地域など12種類があり、住居系・商業系・工業系の3つに大きく分けられます。

その土地の用途地域が何なのかを知りたいときは、市町村が作成する都市計画図を見れば、地域の種類ごとに異なった色を用いて表示され、容易に確認できるようになっています。

資金について

住宅ローンはどうやって選べばいいですか?
お客様の属性でおすすめの住宅ローンは変わります。
基本的に、金利が安いところをまずは探されるかとは思いますが、同時に「融資手数料」にも目を向けましょう。
銀行によって「融資手数料」の金額も様々です。

拓建ホームの家は、フラット35S´に適合いたしますので、フラット35についても金利が10年間優遇されます。

現在は銀行によってさまざまな補償もついておりますので、悩まれるかとは思いますがアドバイスをさせていただくこともできますので、ぜひご相談下さい。

間取りについて

プランニングはどのように決めていきますか?
まず、お客様がどのようなマイホームを思い描かれているのかをヒアリングさせていただきます。
<すでに具体的なイメージがあるお客様には>
まずイメージをお伺いします。
ネットや雑誌から気になるお家や内装を見つけられた方などいらっしゃるかと思います。
それを参考に、必要なことをお伺いし、予算の中で可能なプランをご提案いたします。

<まだ具体的なイメージがないお客様には>
お話をしていく中で、お客様のライフスタイル、家族構成、敷地条件に合わせて、プランをご提案いたします。

どちらのタイプのお客様にも、ご提案プランを元に、ご納得いただけるプランを作り上げていきます。
最終プランまでくると、最新のVRを使ったプレゼンも可能となりますので、完成する前のマイホームをぜひ体感してみてください。

VR体験について →

相談やプランニングは無料でできますか?
拓建ホームでは、建築のご相談から、現地調査、プランニング、概算見積もりまで費用は一切いただきません。
お客様の予算、ご要望をお伺いし、その土地にあったプランをご提案させていただきます。

家づくりの流れについて →

吹き抜けを作ると冷暖房の効き方は悪くなりますか?
開放感のある吹き抜けに憧れのあるお客様は多いです。
実際に、吹き抜けのあるお家を何件も建ててきました。
吹き抜け部分の天井にシーリングファンを設置し、エアコンの気流をコントロールしていただくことも多いです。
吹き抜けを作った際の欠点としては、クロスの張替えなど、将来リフォームをする際に足場を組む必要がありますのでその分の費用が必要になるかと思います。
標準の天井の高さはどのくらいですか?
1階のリビング、2階の寝室や子供部屋は2.4mが標準的な天井の高さです。
ご希望によって高くしたり、屋根の勾配を利用して、勾配天井も可能です。

設備・性能について

キッチンやお風呂のメーカーは限定されますか?
注文住宅ですのでメーカーの縛りはありません。
ショールームなどを回り、選びたいお客様はご希望に合う商品をお探しいただいて構いません。
早く決めたい、たくさんありすぎて選べないという際は、ご予算に合わせこちらからご提案させていただくことも可能です。
玄関の鍵はポケットキーにできますか?
弊社ではポケットキーが標準仕様となっております。
車をロックしたり解除したりするときと同じように、リモコンをポケットやバッグの中に入れておけば、ドアハンドルのボタンを押すだけで、鍵を開け閉めできます。
ネットなどで購入した商品を取り付けてもらうことはできますか?
可能です。
商品によっては、設計や施工上の配慮や補償内容の確認が必要な場合がありますので気になる商品がある場合は、お早めにご相談ください。
(※取り付けが不可能な場合もございます)
照明など、持ち込み料は発生しますか?
持ち込み料はかかりません。
取り付け費用は別途、必要となります。

構造について

工法は何ですか?
在来工法(木造軸組構法)で建築しています。
土台には丈夫な国産檜を採用しています。
檜は高価な材料ですが、国宝の法隆寺でも使用されており、高い耐久性があります。
虫がつきにくく、湿気にも強いため、土台には最適な材料です。

柱には国産杉を採用しています。
柱と梁の接続部は、耐震金物で補強し、高い耐震強度を確保しています。
また、オール国産材でさらに☆☆☆☆(フォースター)の材料を使用し、健康にも配慮しております。

なによりも「安心・安全」を大切に考えております。
断熱材はどんなものを使用していますか?
「フォームライトSL」という吹付断熱材を採用しております。
夏は涼しく、冬は暖かい、優れた断熱性能で快適な暮らしを実現します。

床断熱は「カネライトフォーム」を採用しております。
断熱性能が高く、経年劣化が極めて少ない断熱材です。
保証はあるんですか?
はい。新築住宅については、下記の保証があります。
◆安心住宅瑕疵保険
 建築会社に義務化されている保険です。
 住宅の基本構造部分の瑕疵に起因する損害について、引渡しの日から10年間保証されます。

◆シロアリ保証1000
基礎パッキンのメーカーJOTOが、10年以内に白蟻被害にあわれた場合、1000万円を上限に保証します。

拓建ホームの6つの保証について →

引渡し後にチェックはしてもらえますか?
はい。 現場担当者が責任をもってアフターメンテナンスに伺います。 1年・3年・5年・10年の目安で、メンテナンスのハガキを送付させていただき、日程を調整してお伺いいたします。 その他、入居後に気になることがございましたら、お気軽にご連絡ください。

拓建ホームのアフターメンテナンスについて →

メールでのお問い合わせ